アプリ開発者へのルート

アプリ開発の仕事がしたいなら、まずはそうしたものを扱っているソフトウェア会社に入社しなければならない。
確かに小規模なアプリなら個人でも作れるが、やはり大手ソフトウェア会社に入った方が、よりクオリティの高いアプリを作れるのだ。

ただ、大手に入るのは今の時代そう簡単なことではない。

特に中途採用枠は多くないのが普通なのでハードルは高く、普通は新卒採用枠を狙うこととなる。
一番簡単なのは、専門学校に通って優秀な成績を収めて、推薦枠でソフトウェア会社に入ることだろう。
推薦なら、大変な就職活動をほぼスルーして即戦力で会社に迎え入れてもらえる。
入社後も割といい扱いをしてもらえることが多くなるので、この方法が一番簡単でおすすめだ。

ソフトウェア会社に入社ができても、希望する部署に配属をしてもらえなければ意味がない。
どうしてもアプリ開発の仕事がしたい場合は、自分の専門を完全にそれに特化しておくのがいいだろう。

最近はIT系の専門学校にも、アプリ開発コースというのもが出来ている。
就職時のことまで考えて、そうした専門性の高いコースを選んでおくことが望ましい。
確かにプログラミングコースでもグラフィックコースでも、ソフトウェア会社に入ることは不可能ではない。
だが、最初から専門を絞っておけば、それ以外の部署に飛ばされてしまうことはまずなくなるのだ。
自分のやりたい仕事に繋がる勉強だけしておけば、社会に出てからもその仕事しか原則として任されることがなくなって便利である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website